ルーブリック評価における項目反応理論

宇都 雅輝  植野 真臣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D   No.5   pp.459-470
発行日: 2020/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019JDP7065
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
パフォーマンス評価,  ルーブリック,  項目反応理論,  教育評価,  評価者バイアス,  

本文: PDF(559.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,学習者の実践的かつ高次な能力を測定する手法の一つとしてルーブリック評価が注目されている.ルーブリックは評価者の主観による評価基準をより客観的にするためのツールであるが,それでも評価がパフォーマンス課題や評価者,ルーブリックの評価観点の特性に依存してしまうことが指摘されてきた.この問題を解決する手法の一つとして,これらの特性を考慮して学習者の能力を測定できる項目反応モデルが近年多数提案されている.しかし,既存モデルは学習者・課題・評価者・評価観点で構成される4相の評価データに直接には適用できず,課題・評価者・評価観点の特性を同時に考慮した能力測定は実現できない.また,ルーブリック評価の評点は一般に段階カテゴリーとして与えられ,各カテゴリーに対する評価基準は評価者と評価観点の特性に依存する.しかし,既存モデルでは評価基準は評価者と評価観点のいずれか一方にのみ依存すると仮定している.以上の問題を解決するために,本論文では,評価観点と評価者の評価基準を考慮して,ルーブリック評価の4相データから学習者の能力を測定できる新たな項目反応モデルを提案する.また,シミュレーション実験と実データ実験を通して提案モデルの有効性を示す.