LED点光源群への出力を考慮した画像の色変換最適化

舘山 北斗  遠藤 結城  栗山 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D   No.4   pp.269-279
発行日: 2020/04/01
早期公開日: 2019/12/24
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019PDP0002
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
LEDイルミネーション,  色変換,  カラーエンハンスメント,  色域写像,  

本文: PDF(7.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に普及しているディスプレイとは表現可能な色域や輝度が大きく異なるLEDイルミネーションにおいては,画像データを出力する際に外観が想定したものと乖離しないように,適切な色変換を施すことが重要である.しかしながら,従来の色変換手法はLEDへの出力を想定しておらず,適切な色変換が難しい.そこで本研究では,画像データをLEDイルミネーションに出力した際の見映えの向上を目的とし,人の知覚的な影響を考慮して画像に色変換を施す手法を提案する.具体的には,画像のカラーエンハンスモデルにLED光源の発光特性と認知的な評価結果を導入し,これを実現する.カラーエンハンスにおいては,従来の方法に対して新たに色相を保持する改良を加えることで更なる品質向上を図る.加えて,手動調節する必要があったエンハンス度合いを,ユーザ評価データを基に学習したエンハンス画像評価モデルを用いて,自動で選定可能にする.実際のLEDイルミネーションを用いた定性的な結果の比較に加え,主観評価実験を通じた定量評価を行い,提案手法の有効性を示す.