声楽発声の習熟度に関連する音響特徴量に基づく歌声の評価指標の提案

吉田 祥
香山 瑞恵
池田 京子
山下 泰樹
山口 道子
小畑 朱実
谷 友博
浅沼 和志
伊東 一典

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D    No.4    pp.247-260
発行日: 2020/04/01
早期公開日: 2019/12/18
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019PDP0014
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 教育工学
キーワード: 
声楽,  声楽発声,  音響特徴量,  習熟度,  評価指標,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入



あらまし: 
歌声研究分野において,プロ歌手を対象に歌唱力と音響特徴量の関係について長年に渡って検討がなされている.しかし,声楽初学者を対象とし,歌唱指導と音響特徴量との関係に着目した継続的な研究は少ない.本研究の目的は,声楽の習熟度に関連する音響特徴量による歌声評価指標を提案し,客観的な歌声評価方法を構築することである.ここで提案する評価指標は,特に声楽初学者の歌声評価に適している.本論文では,多様な習熟度・多様な歌唱への専門性を有する被験者の歌声データを解析し,提案指標と習熟度との関係を整理する.ここでは以下の二つの研究課題を設定した.I. 歌声評価指標を用いて,声楽の習熟度を区別可能であるか.II. 指導者の印象評価と提案指標との関係はどうなるのか.I. については,提案指標を用いて,習熟度の異なる声楽初学者群とプロ歌手群を比較し,区別可能なことを統計的検定に基づき確認した.II. については,声楽初学者の歌声に対する指導者の印象評価と提案指標との相関を確認した.そして,提案指標を用いて歌声の良悪を区別するしきい値を具体化した.