リモート空間とローカル空間の接続面の変形・移動によるソーシャルテレプレゼンスの強化

大西 裕也  小峯 俊彦  田中 一晶  中西 英之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D   No.3   pp.131-138
発行日: 2020/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019HAP0022
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション論文特集)
専門分野: マルチメディア・仮想環境基礎
キーワード: 
ビデオ会議,  テレプレゼンス,  ロボット,  テレロボティクス,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ビデオ会議は,ディスプレイという境界によってリモート空間とローカル空間を分離しているため,ソーシャルテレプレゼンス(遠隔地にいる対話相手と同じ部屋の中で対面している感覚)が十分であるとはいえない.先行研究では,二つの空間の境界面をリモート空間にいる対話相手の腕に設定し,対話相手の身体の代替であるロボットアームによって映像から腕が飛び出してきているように見えることによってソーシャルテレプレゼンスを強化した.本研究では,リモート空間とローカル空間を接続する境界面に焦点をあて,より詳しく調査を行った.一つ目の方法では,複数のディスプレイを異なる角度で連結し境界面を変形させることで,ロボット化する身体の範囲を最小化した.二つ目の方法では,ローカル空間にいるユーザの腕を境界面とすることで,ローカル空間にいるユーザがリモート空間にいる対話相手にジェスチャーを実体で伝達できるようにした.実験結果より,提案した両方法はソーシャルテレプレゼンスを強化することがわかった.