一般撮影の患者別画像参照支援システム

竹下 翔  石垣 陸太  富髙 智成  鈴木 秀宣  河田 佳樹  仁木 登  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D   No.1   pp.34-41
発行日: 2020/01/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019JDP7036
論文種別: 論文
専門分野: 生体工学
キーワード: 
一般撮影,  画像参照支援システム,  診療放射線技師,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般撮影は実施施設,検査数が多いX線画像検査である.この撮影では骨折や病変を正確に描画することが求められる.このために撮影前に過去の一般撮影の画像から撮影対象領域やポジショニングを参照する.本論文では,現行の一般撮影の画像参照の課題点を診療放射線技師100名のアンケート調査をする.その結果,多忙なため画像参照ができない,画像参照に時間を要する,画像参照が自動化されていないとの回答を得る.そこで,業務工程を増加させることなく,自動で迅速に一般撮影の画像を参照できる患者別画像参照支援システムを研究開発する.本システムは多施設間の画像を共有するために,厚生労働省標準規格JJ1017の放射線頻用コードに基づく患者別画像参照分類表を作成して実現する.本システムを医療施設で臨床評価するために,ID,氏名,性別,生年月日を管理・運用する患者情報システム,患者情報と放射線頻用コードを利用して一般撮影検査オーダを作成するオーダエントリーシステム,オーダを管理・運用するRIS,一般撮影装置で撮影した画像に放射線頻用コードを付加して保管するPACSを作成し,システム導入前後の業務処理時間とシステムの使用性を評価して有効性を示す.