240P動画像に対する時間方向の主観画質推定

犬塚 亮  吉田 俊之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J103-D   No.10   pp.747-750
発行日: 2020/10/01
早期公開日: 2020/06/16
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2020IEL0001
論文種別: 特集レター (画像符号化・映像メディア処理論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
240P動画像,  画質推定,  Mean Opinion Score (MOS),  フレームレート,  フリッカ耐性,  

本文: PDF(417KB)>>
論文を購入




あらまし: 
著者らは,動画像符号化における時空間の画質評価尺度としてMean Opinion Score (MOS)に着目し,その推定法及び時空間レート制御への応用を検討してきた.4K60P動画像に対しては,時間方向のMOSはフレームレート60 frame/sでも飽和せず,更に高いフレームレートが必要となる場合があることが示唆されている.そこで本論文では,最大フレームレートを4倍に拡張した240P動画像を対象として時間方向のMOSを推定する手法を提案し,その精度の検証を行う.また,240P動画像においては照明条件に起因するフリッカ妨害が不可避な場合があり,提案法のフリッカ耐性についても検討する.