絶対帯域幅一定の周波数選択・可変特性及び放射特性を備えたチューナブルフィルタリングアンテナ

大平 昌敬  相馬 朝康  馬 哲旺  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J103-C   No.9   pp.368-379
公開日: 2020/08/19
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
フィルタリングアンテナ,  チューナブルバンドパスフィルタ,  チューナブルアンテナ,  絶対帯域幅,  

本文: FreePDF(4.8MB)


あらまし: 
本論文では,絶対帯域幅一定のまま通過域の中心周波数を変えられるだけでなく,アンテナの放射機能をも備えたマイクロストリップチューナブルフィルタリングアンテナの構造と,結合行列抽出法を活用した設計法を提案する.従来のチューナブルアンテナでは共振周波数の変化に伴って反射損失の劣化や帯域幅の変動が生じてしまう.それに対して,チューナブルバンドパスフィルタとチューナブルアンテナを一体化したチューナブルフィルタリングアンテナを用いれば,その問題を解決できる.しかし,従来設計ではパッチアンテナを用いていたため,絶対帯域幅一定の条件からフィルタ回路合成理論で要求される放射Q値の周波数比例特性を実現できない.その設計課題を解決するため,本論文ではモノポールアンテナを採用し,等リプル絶対帯域幅60MHz,中心周波数可変範囲1.94〜2.16GHzの3段チューナブルフィルタリングアンテナを設計している.更に,その試作・測定評価によって提案構造及び設計法の有効性を実証している.