光無線給電への期待 ―新たな光応用分野の創出に向けて―

宮本 智之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J103-C   No.5   pp.270-278
公開日: 2020/03/31
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
光無線給電,  無線給電,  半導体レーザ,  太陽電池,  給電効率,  

本文: FreePDF(1.2MB)


あらまし: 
給電の無線化実現手法として光無線給電が魅力的である.長距離の給電,小型軽量,電磁ノイズ懸念なしといった特徴から,IoT端末から将来的にはモビリティへの移動中給電などへの適用も期待される.本手法の基本構成は,半導体レーザなどの高効率光源と受光デバイスの太陽電池である.このコンセプトは従来から存在していたが,近年の各種デバイスや周辺技術の進展と,通信に続く無線化の要望から急速に注目を集めている.本論文では,光無線給電手法に必要な,光源や太陽電池の特徴と現状及び将来的な特性,また,システム化に必要な多様な要素技術について説明するとともに,著者による研究の取り組みを紹介する.