損失性導体柱配列と導体パッチを用いた導波管用小形終端器

石井 佑典  久我 宣裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J103-C   No.3   pp.137-142
公開日: 2020/02/17
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 特集論文 (電子回路実装技術と実装材料技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
導波管,  SIW,  終端器,  多層基板,  ミリ波,  

本文: PDF(811.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,損失性導体柱を用いた導波管終端器構造を提案している.導波管短絡端付近でE面内に抵抗装荷導体柱を複数設置し,その近傍に導体パッチを複数装荷することで,小型の終端器を構成できることを示している.電磁界シミュレーションを用いて,管軸方向の寸法がh=0.079λgの提案構造について-15 dB比帯域7.6%の特性が得られることを示し,本構成の有効性を確認した.また,抵抗装荷帯状導体を用いた試作を行い,シミュレーションモデルの妥当性を確認している.シミュレーションと試作はともに,2 GHz帯の標準導波管WRJ-2を用いたスケールモデル検討を行っている.なお,λgは-15 dB比帯域の中心周波数2.182 GHzにおける管内波長である.