複素周波数領域有限差分法によるプラズモニック導波路の設計及び特性検証

呉 迪  浜島 功  井上 修一郎  大貫 進一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J103-C   No.2   pp.69-77
公開日: 2020/01/15
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
複素周波数領域有限差分法,  高速逆ラプラス変換,  プラズモニック導波路,  グレーティング構造,  金属ストライプ,  量子ウォーク,  

本文: PDF(2.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,表面プラズモンを用いて,光エネルギーを局所領域に集中して伝搬させるプラズモニック導波路が注目を集めている.本論文では,著者らが近年開発した,導波路構造の電磁界解析に適した複素周波数領域有限差分法により,誘電体装荷グレーティング構造を用いたプラズモニック導波路,量子ウォークの検証を目的とした金属ストライプ型プラズモニック導波路アレーの解析を行い,その励振及び伝搬特性を検証する.