空間光変調器を用いた光波制御と光情報処理

岡本 淳  前田 智弘  舟越 久敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J103-C   No.10   pp.412-419
公開日: 2020/09/09
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
空間光変調器,  光複素振幅生成,  光位相共役,  超解像表示,  3次元光断層計測,  

本文: PDF(7.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,空間光変調器(Spatial Light Modulator, SLM)を用いた新規光情報処理システム構築という観点から,我々がこれまで進めてきた光複素振幅生成技術,並びに,位相共役光を用いた光計測システムについて紹介する.まず,効率と精度の両立が可能な複素振幅変調手法として,2台のSLMを組み合わせて用いるDPM (Dual Phase Modulation)法について述べる.次に,1台の位相変調SLMとランダム拡散板を組み合わせた光複素振幅生成手法であるSCM (Spatial Cross Modulation)法を紹介する.特に,本論文では,このSCM法を超解像画像表示に用いる試みについて述べる.最後に,SLMによる光複素振幅生成技術をデジタルホログラフィーなどの光複素振幅検出技術と組み合わせることで,シングルショットでの3次元断層計測を実現する方法について述べる.