アプリケーションQoEに基づいた基地局スケジューリング方式の提案

里田 浩三  野上 耕介  鈴木 敬之  高橋 英士  村瀬 勉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J103-B   No.9   pp.391-406
発行日: 2020/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2020JBP3008
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
モバイル網,  QoE,  基地局,  スケジューリング,  

本文: PDF(64.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
モバイルネットワークの進化・普及により,モバイル通信が重要な社会のインフラとなり,利用されるアプリケーションも多岐に亘っている.これまでモバイルネットワークではアプリケーションを考慮せず,端末の電波状態や電波資源の利用効率により,電波資源(リソースブロック)の割り当てを行ってきた.多様なアプリケーショントラヒックが混在するモバイルネットワークでは,アプリケーションごとの通信品質の確保が重要になってくる.本論文では,アプリケーションごとの特性に基づいた基地局の無線リソース割り当て方式(スケジューリング方式)を提案する.提案方式では,体感品質(QoE)が一定以上であると通信に満足するが,それ以下になると通信状況に不満を感じるユーザが増加するため,QoEを一定以上となるユーザ数(許容端末数)を増やすことを目的とし,端末が利用しているアプリケーション及びアプリケーションの状態に応じて,割り当て優先度を決定する.端末が移動しながらビデオストリーミングとWeb閲覧を行う環境を想定したシミュレーションにより,提案方式は従来方式と比較して,Web閲覧端末の平均QoEを最大1.48ポイント向上できること,ビデオ視聴端末とWeb閲覧端末の許容端末数を最大2.1倍増加させることができることが分かった.