太陽光併設蓄電システムの自家消費型長期運用戦略に関する一検討

湯淺 一史  植嶋 美喜  馬場﨑 忠利  大村 一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J103-B   No.9   pp.382-390
発行日: 2020/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2020JBP3011
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信エネルギー
キーワード: 
蓄電システム,  蓄電池,  運用戦略,  太陽光発電,  再生可能エネルギー,  

本文: PDF(10.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,需要家の受電点以下(Behind-the-meter)に接続される太陽光併設蓄電システムを有する低圧需要家を対象に,天候による正味負荷電力(実際の負荷電力から発電電力を減じた正味の負荷電力)の長期的な変動性を考慮した新しい運用戦略を提案した.提案戦略を適用した場合における需要家内の再生可能エネルギー比率の期待改善効果を,多目的進化型アルゴリズムの一手法であるNSGA-IIを用いた最適化計算による数値解析で導出した.数値解析の結果,従来戦略に比べて最大16.7%の再生可能エネルギー比率改善効果が期待できることが分かった.前述の数値解析を基に,将来の電力市場環境を考慮した経済性に関するシナリオ分析を行った.その結果,提案戦略を適用することで,2025年の条件下では従来戦略に比べて最大48%の電力コスト低減効果が期待できることが分かった.