極サブ波長メタマテリアル磁気導体面の単一指向性小形アンテナへの応用

犬塚 悠  伊藤 陵  藤井 雅文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J103-B   No.10   pp.452-458
発行日: 2020/10/01
早期公開日: 2020/06/15
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2020JBP3019
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
サブ波長,  アンテナ,  磁気導体,  電磁バンドギャップ,  メタマテリアル,  

本文: PDF(12.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
波長より極めて小形の人工磁気導体(AMC:Artificial Magnetic Conductor)を920 MHz帯単一指向性アンテナへ応用した.AMCを集中定数素子による二次元LC回路網で構成することによりAMC全体の大きさを波長の1/5から1/10に小形化し,このようなサブ波長AMCがアンテナからの電磁波を効果的に同相反射することを示した.基本形として試作したアンテナの寸法は,50mm×50mm×12.8mmであり,一辺の長さが1/6波長以下,高さが1/25波長程度と小形化低背化が可能であった.この基本形アンテナの反射,透過,放射特性を測定し,このような小面積では従来不可能であった大きな放射前後比と単一指向性を確認した.更に,一辺の長さを基本形の1/2とした超小形アンテナにおいても基本形と同様な単一指向性を確認し,二次元LC回路網によるサブ波長磁気導体の有効性を示した.