遅延結合した複素 Ginzburg-Landau モデルに生じる不安定性

テキ 博偉  小西 啓治  原 尚之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J103-A   No.8   pp.165-175
発行日: 2020/08/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
遅延結合,  反応拡散系,  Complex Ginzburg-Landauモデル,  振動停止現象,  Wave不安定,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
振動的な反応項を有する反応拡散系の代表的なものとして,複素Ginzburg-Landau (CGL)モデルがある.近年,2個のCGLモデルを拡散結合/遅延結合させると,両モデルの振動は停止すること(振動停止現象)が,筆者らによって詳細に調べられている.しかし,筆者らは,この停止以外の現象に全く手を付けていない.本論文は,拡散結合/遅延結合させたCGLモデルの安定性/不安定性を詳細に調査した.遅延結合を施すと,Hopf不安定,Wave不安定,Robust安定と呼ばれる現象が生じることを,数値シミュレーションで示した.更に,結合パラメータ空間上において,各安定性/不安定性が生じるパラメータ集合には,明確な関係性があることを解析的に導出した.