拡張直交配列を用いた混合水準の実験計画法に関する一考察

山口 純輝  風間 皐希  鎌塚 明  齋藤 翔太  松嶋 敏泰  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J103-A   No.1   pp.17-24
発行日: 2020/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 符号理論
キーワード: 
実験計画法,  直交計画,  直交配列,  拡張直交配列,  一般化拡張直交配列,  

本文: PDF(490.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
実験計画法では,最適な混合系直交計画を構成可能な水準数,因子数,実験回数,前提条件の値の範囲を拡張していくことが重要な課題である.従来は,Orthogonal Arrays (直交配列,OA)を利用して構成する方法が提案されてきた.本研究では,Augumented Orthogonal Arrays(拡張直交配列,AOA)を計画と対応させる構成法を提案する.更に,AOAの定義を拡張して新たに提案した行列Generalized Augmented Orthogonal Arrays (一般化拡張直交配列,GAOA)と対応させる構成法を提案する.これにより,上記の範囲が従来より拡張された.