メソッドレベルセマンティックバージョニングの提案と評価

林 純一  肥後 芳樹  楠本 真二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J102-D   No.11   pp.730-739
発行日: 2019/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2018JDP7074
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア工学
キーワード: 
メソッドレベルセマンティックバージョニング,  バージョン管理システム,  ソフトウェアライブラリ,  API,  

本文: PDF(876.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ソフトウェア開発において利用されるライブラリには,機能追加や改善,バグ修正などによる時系列的変化を区別するためのバージョンが付与される.バージョニング手法に後方互換性の有無を反映させるセマンティックバージョニングと呼ばれる手法がある.この手法でライブラリに付与されたバージョンからライブラリの後方互換性の有無は判断できるが,APIごとの後方互換性の有無は判断できない.そこで本研究では,メソッド単位でセマンティックバージョニングを行う手法を提案し,提案手法を用いてJava言語のメソッドに自動でバージョニングを行うツールを作成した.本手法によりメソッド単位でバージョニングを行うことで,メソッドごとの後方互換性の有無を自動で判断できるようになる.更に,提案手法及び作成したツールの有用性を示すために,後方互換性のない変更が行われたメソッドを検出する実験を行い,既存研究との差異を調査した.その結果,提案手法を用いることにより,既存研究では検出できなかった変更を検出できることが分かった.