4K60P動画像に対する時間方向の主観画質推定

山口 翔也  吉田 俊之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J102-D   No.10   pp.662-665
発行日: 2019/10/01
早期公開日: 2019/06/11
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2019IEL0001
論文種別: 特集レター (画像符号化・映像メディア処理論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
4K60P動画像,  画質推定,  MOS,  フレームレート,  特徴量,  

本文: PDF(563.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
動画像を帯域制限下で圧縮符号化する際,時間/空間方向の画質を規定するフレームレート/単位フレーム当たりの平均符号量はトレードオフの関係にあるため,両者の最適点を推定して符号化することで時空間の総合画質が最大化される.著者らは,時空間の画質評価尺度としてMOS (Mean Opinion Score)に着目し,その推定法と最適化に基づくレート制御法を検討してきた.本論文では,4K60P動画像を対象として,フレームレートを変化させた場合の時間方向のMOS推定法を提案し,その有効性を検証する.