金属ストリップを装荷した埋め込み型Si細線導波路における偏波変換器

山内 潤治  佐々木 陽太  中野 久松  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J102-C   No.9   pp.255-263
公開日: 2019/08/14
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
虚軸ビーム伝搬法,  有限差分時間領域(FDTD)法,  導波路型偏波変換器,  金属ストリップ,  屈曲導波路,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
埋め込み導波路において,空気層との界面に金属ストリップを配置した偏波変換器を提案する.まず,長方形断面の導波路において最適な構造値を算出し,基本特性を解析する.簡易な構造でありながら,偏波変換が達成されることを明らかにする.更に,固有モード解析を行い,挿入損の原因を考察する.挿入損は主に,入出力導波路との接続部におけるTMモード界の不整合に起因することを示す.次に,コアの縦横比を大きくすることで,TMモードの遷移損が減少し,結果として,挿入損の低減につながることを見出す.最後に,導波路を屈曲させた場合を検討する.屈曲構造は直線構造に比べ,非対称性が増加するため,同等の偏波変換特性を保ちつつ,変換長を短くできることを明らかにする.