LTI部のパラメータ数を制限して簡略化したMemory Polynomialプリディストータ

中村 道春  大石 泰之  福田 英輔  大洞 喜正  水谷 圭一  松村 武  原田 博司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J102-C   No.12   pp.356-365
公開日: 2019/11/13
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
非線形電力増幅器,  プリディストータ,  ビヘイビアモデル,  メモリ多項式モデル,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
セルラ移動通信システムの基地局装置の電力増幅器では,高い電力効率と高い線形性を両立するためデジタル信号処理でのプリディストータ(Pre-Distorter: PD)が広く用いられている.電力増幅器の非線形特性を表すビヘイビアモデルから導出された逆特性モデルがPDとして適用可能であるが,その逆特性モデルを等価なメモリ多項式(Memory Polynomial: MP)モデルに変換して適用すると簡単な構成となり,実装面で都合が良い.本論文では,パラレルウィーナ(Parallel Wiener: PRW)モデルの逆特性モデルから変換したMPモデルをPDとして適用することを目的とし,MPモデル内のLTI (Linear Time Invariant)部が持つべき周波数特性が限られた周波数範囲のみでよいことに着目し,タップ数の限られたFIRフィルタでLTI部を実現する変換手法を提案する.また,計算機シミュレーションにより,提案手法を用いて求めたMPモデルが変換前のPRWモデルの逆特性モデルに精度よく一致し,PDとして同等の性能が得られることを示す.