高線形性LiNbO3変調器

山口 祐也  菅野 敦史  山本 直克  川西 哲也  中島 啓幾  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J102-C   No.10   pp.273-280
公開日: 2019/09/13
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
LN変調器,  マッハ・ツェンダ干渉計,  光ファイバ通信,  

本文: FreePDF(1.6MB)


あらまし: 
LiNbO3変調器はその優れた低チャープ変調特性から長距離光ファイバ通信用デバイスとして用いられている.特に,マッハ・ツェンダ干渉計型変調器はIMDDリンクでは光強度変調器として,コヒーレントリンクでは直交振幅変調器として用いられ,光変調器の基礎的構造の一つであるといえる.マッハ・ツェンダ変調器において完全対称な干渉計を仮定すると無限の消光比かつゼロチャープ変調が可能であるが,マッハ・ツェンダ変調器が原理的に有する課題として応答の非線形性が挙げられる.本論文では,変調ひずみの抑圧を目的として開発した高線形性変調器について紹介する.