雑音と1ビットアナログ-ディジタル変換器を用いたDS-CDMA信号の復調

中島 康雄  山里 敬也  荒井 伸太郎  田中 宏哉  田所 幸浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.8   pp.584-594
発行日: 2019/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018WFP0008
論文種別: 特集論文 (通信技術の更なる発展に向けた若手論文特集)
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
確率共鳴,  DS-CDMA方式,  1bit ADC,  信号復調,  雑音,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,分解能が1ビットのアナログ-ディジタル変換器(1bit ADC)と雑音を組み合わせることによる直接拡散符号分割多元接続(Direct Spread-Code Division Multiple Access, DS-CDMA)信号の復調手法を提案する.受信機に1bit ADCを用いることで,受信機の簡易化・低コスト化が期待できる.しかし,1bit ADCを用いる場合,量子化の影響によって,信号強度差のある複数のDS-CDMA信号を正しく復調することはできない.提案手法では,雑音が加わることによって非線形性が改善される確率共鳴現象を応用することで,1bit ADCによるDS-CDMA信号の復調が可能になる.本論文では,提案手法における改善原理について解析的に示す.また,シミュレーションによって提案手法の有効性及び特徴について述べる.