Classic BluetoothとBluetooth Low Energyを併用したBluetooth MANETの高速コネクション確立手法

南 雄也  坂 涼平  河野 英太郎  角田 良明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.8   pp.545-554
発行日: 2019/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018WFP0013
論文種別: 特集論文 (通信技術の更なる発展に向けた若手論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  Bluetooth MANET,  Classic Bluetooth,  Bluetooth Low Energy,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
Bluetooth MANETはスマートフォンなどの移動可能な無線通信端末が相互に行うBluetoothの直接通信のみで構築されるモバイルアドホックネットワークである.Classic Bluetooth(Classic)はコネクション型の通信規格であり,通信を行うためには端末間のコネクション確立が必要である.コネクションを自動的に確立する手法として,Classicの隣接端末の検出プロセスに存在する二つの端末状態を交互に切り替え,隣接端末を検出する手法がある.しかし,従来手法では端末状態を交互に切り替えるため,端末間で状態の衝突が発生し,隣接端末を検出できない,またはコネクション確立ができないという課題が存在する.本論文ではClassicの検出プロセスをBluetooth Low Energyにより実行し,Classicのコネクションを高速に確立する手法を提案する.提案手法をAndroid端末上に実装し,端末間のコネクション確立時間に関する評価実験と,提案手法を模擬するシミュレータを利用し,端末の移動速度と端末密度が異なる環境において,従来手法と提案手法がコネクション確立数に与える影響を実験的に考察した.実験結果より,提案手法はコネクション確立に要する時間を短縮し,多数の端末が存在する環境においてもコネクション確立数が増加することを確認できた.