Full-duplex MIMO方式におけるアンテナ選択を用いた端末間干渉抑圧手法

竹村 暢康  本間 尚樹  川越 厚人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.11   pp.825-833
発行日: 2019/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2019APP0001
論文種別: 特集論文 (豊かな生活を支えるアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
Full-duplex MIMO,  干渉抑圧,  固有ビームフォーミング,  アンテナ選択,  携帯端末アンテナ,  

本文: PDF(1.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,Full-duplex MIMOシステムにおいて携帯端末のアンテナ選択方式を用いた端末間の干渉抑圧手法を提案する.Full-duplex MIMOシステムでは,基地局と端末との間の上下リンクにおいて,信号伝送を同一周波数帯域で同時に送受信する方法が検討されている.このシステムはTDD (Time Division Duplex)方式と比較して,送受信を同時に行うことから,理論上2倍の通信容量を実現できるという利点がある.しかしながら,基地局へ送信する端末からの信号が基地局からダウンリンクする他の端末へ漏れこむ端末間干渉が発生するという問題がある.この端末間干渉を抑圧する手法として,固有ビームフォーミングにより端末間チャネルの第1固有値に対してヌル形成を行い干渉抑圧する方法を検討している.提案手法は,固有ビームフォーミングで干渉抑圧を行う際に携帯端末にアンテナ選択方式を適用することにより,更なる干渉抑圧を実現するものである.レイトレーシング法によるシミュレーション及び屋外環境における実測により本手法の有効性を確認検証した.