フィルタ装荷低姿勢マルチバンドモノポールアンテナ

山浦 真悟  柳 崇  杉浦 弘幸  勝又 洋介  小林 亮介  西本 研悟  西岡 泰弘  宮下 裕章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.11   pp.804-815
発行日: 2019/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2019APP0013
論文種別: 特集論文 (豊かな生活を支えるアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
低周波帯アンテナ,  フィルタ,  マルチバンド,  低姿勢モノポールアンテナ,  

本文: PDF(2.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アンテナサイズが大形な低周波帯(MF〜VHF帯)において,低姿勢かつ簡易な構成でマルチバンド化を実現する,高効率のフィルタ装荷型モノポールアンテナを提案している.提案アンテナは,ハイパス型のフィルタを地上に近い給電点近傍に設置することで,低域側では先端を内側に折り曲げたヘリカルアンテナにより,低姿勢化ながら放射効率の劣化を軽減可能である.一方,高域側では菱形モノポールアンテナとして動作させ,簡易な構成でマルチバンド化を実現している.まず,従来アンテナと放射効率を比較し,提案アンテナの有効性を示している.次に,電磁界及び回路シミュレータを用いたフィルタの設計手法を述べている.その後,アレー状態でのアンテナ設計を行い,フィルタが所望の動作をし,フィルタ装荷時に比帯域10%の3バンドで-3.2 dB以上の高い放射効率が得られること示している.最後に,単素子のスケールモデルを試作・評価し,提案アンテナの有効性を実証している.