FDTD法と空間回路網法による弾性波解析におけるスタンダード及び対角線スタガード格子の比較

佐藤 雅弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J102-A   No.10   pp.264-267
発行日: 2019/10/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
数値シミュレーション,  弾性波動,  時間応答解析,  FDTD法,  空間回路網法,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
先に,2次元弾性波解析におけるFDTD法及び空間回路網法の正方格子を45度回転し,対角線方向を空間境界面とする対角線スタガード格子(DSG)による解析法を提案した.しかし,通常の格子とDSGの解析結果の比較は行っていない.そこで本報では,半無限問題に両格子による手法を適用し比較した.また,粒子速度を変数とする2階の偏微分方程式に,中心差分を適用した方法とも比較した.その結果,粒子速度入力の違いで計算結果に差異が生じることが確認されたので報告する.