HEMTのR&Dはいかに実行されたか

三村 高志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.10   pp.444-447
公開日: 2017/09/12
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 招待論文 (学会創立100周年記念論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
HEMT,  高電子移動度トランジスタ,  衛星放送受信用アンテナ,  電波望遠鏡,  

本文: FreePDF(469.8KB)


あらまし: 
1980年に誕生したHEMTは,素子の基本構造や製作技術において従来デバイスとは一線を画するユニークなデバイスであったため実用化にはかなりの困難が予想されたが,5年後の1985年には電波望遠鏡の低雑音受信機としてデビューした.更に1987年頃には衛星放送受信用アンテナの低雑音増幅器として広く普及し,年間約1億個の量産デバイスにまで成長した.ここでは,HEMTのR&Dを振り返り,若い方々の参考になると思われることなどについて述べる.