キーワード : 最適方策


重複ACKによる再送信制御方式をもつネットワークシステムのスループット
今泉 充啓 木村 充位 安井 一民 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2008/06/01
Vol. J91-A  No. 6 ; pp. 669-675
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
重複ACK無線リンクデータ送信最適方策
 あらまし | 本文:PDF(222.9KB)

2種類の点検をもつシステムの最適方策
水谷 聡志 中川 覃夫 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2006/11/01
Vol. J89-A  No. 11 ; pp. 973-980
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
信頼性点検方策2種類の点検取換え最適方策
 あらまし | 本文:PDF(350.1KB)

緊急修理工を擁する k-out-of-n:G Repairable Systemの解析
竹本 康彦 中瀬 逸平 有薗 育生 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2004/08/01
Vol. J87-A  No. 8 ; pp. 1133-1140
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
信頼性工学k-out-of-n:G repairable systems緊急修理工アベイラビリティ最適方策
 あらまし | 本文:PDF(330.6KB)

アプレット実行システムにおける信頼性解析
今泉 充啓 木村 充位 安井 一民 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2004/03/01
Vol. J87-A  No. 3 ; pp. 375-381
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
アプレットシステムコールセキュリティオーバヘッド最適方策
 あらまし | 本文:PDF(396.2KB)

セルフテスティングシステムの最適定期テスト方策
水谷 聡志 中川 覃夫 伊藤 弘道 三道 弘明 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2003/10/01
Vol. J86-A  No. 10 ; pp. 1049-1057
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
セルフテスティング期待費用定期テスト最適方策自己検出率
 あらまし | 本文:PDF(364KB)

複数回の取替えを伴う保証を考慮した予防取替方策
林坂 弘一郎 三道 弘明 中川 覃夫 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2002/03/01
Vol. J85-A  No. 3 ; pp. 315-321
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性,安全性
キーワード: 
保証予防取替え期待費用最適方策
 あらまし | 本文:PDF(454.2KB)

シグネチャを用いたジョブ実行過程の高信頼化方策
今泉 充啓 安井 一民 中川 覃夫 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 2000/09/25
Vol. J83-A  No. 9 ; pp. 1125-1128
論文種別:  レター
専門分野: 
キーワード: 
マイクロプロセッサシグネチャ平均時間ジョブ分割数最適方策
 あらまし | 本文:PDF(126.1KB)

ジョブスワッピングを伴うメモリ管理システムの最適ガーベジコレクション方策
佐藤 毅 安井 一民 中川 覃夫 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 1997/09/25
Vol. J80-A  No. 9 ; pp. 1466-1472
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性
キーワード: 
メモリ管理スワッピング信頼性理論最適方策ガーベジコレクション
 あらまし | 本文:PDF(432KB)

複数修理保全モデルにおける最適保全方策に関する一考察
高橋 將人 鈴木 和幸 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 1997/04/25
Vol. J80-A  No. 4 ; pp. 677-683
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性
キーワード: 
状態監視保全最適方策TP2モニタリングマルコフ決定過程
 あらまし | 本文:PDF(406.4KB)

ランダムなしきい値をもつデータベースの最適ガーベジコレクション方策
佐藤 毅 安井 一民 中川 覃夫 
誌名:   電子情報通信学会論文誌 A
発行日: 1995/07/25
Vol. J78-A  No. 7 ; pp. 831-838
論文種別:  論文
専門分野: 信頼性,保全性
キーワード: 
データベースガーベジコレクションランダムなしきい値最適方策累積過程
 あらまし | 本文:PDF(451.6KB)