フェージング変動に基づく秘密鍵共有における標本間隔の縮小と多値量子化による秘密鍵容量の増加限界の検討

黒柳 啓太  笹岡 秀一  岩井 誠人  

誌名:   電子情報通信学会論文誌 B
早期公開日: 2018/06/01
DOI: 10.14923/transcomj.2018APP0015
本文: PDF(2.3MB)