色信号間予測を用いたRGB 4:4:4カラー動画像の可逆符号化

田嶋 周  亀田 裕介  松田 一朗  伊東 晋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.9   pp.815-822
発行日: 2016/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2016IEP0004
論文種別: 特集論文 (画像符号化・映像メディア処理論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
動画像符号化,  可逆符号化,  ブロック適応予測,  色信号間予測,  

本文: PDF(992.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,RGB 4:4:4フォーマットのカラー動画像データを対象とした高能率な可逆符号化方式について述べる.この方式では,各フレームの色信号に対して線形予測器を複数用意し,それらを可変サイズのブロックごとに切り替えることで,画像の局所的性質に応じた予測を実現している.予測に用いる参照画素群は,符号化対象画素の近傍領域だけでなく,動き補償された過去フレームや同時刻の符号化済み色信号にも配置されており,空間方向,時間方向,色信号間の冗長性を同時に削減している.また,予測処理の結果として得られる予測誤差については,符号化対象画素の周囲のコンテクストに応じた適応的算術符号化を適用している.符号化シミュレーションの結果,動画像符号化の国際標準方式であるH. 265/HEVCのRange Extensionに基づいた可逆符号化方式と比較して,8.0-13.9%優れた符号化効率を達成することが確認された.