運転時の人間の視野特性を考慮した歩行者の見落としやすさ推定手法

谷繁 龍之介  道満 恵介  出口 大輔  目加田 慶人  井手 一郎  村瀬 洋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.1   pp.56-66
発行日: 2016/01/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT〜論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ITS,  運転支援,  歩行者,  見落としやすさ,  視野特性,  

本文: PDF(2.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年の歩行者検出技術の発展により,運転者に歩行者の存在を警告し,運転を支援することが可能になった.しかし,運転中に遭遇する全ての歩行者を運転者に警告することは,運転者の苛立ちや注意力低下を招くおそれがある.そのため,見落としやすい歩行者のみを運転者に警告することが重要である.本論文では,人間の視野特性を考慮して歩行者の見落としやすさを推定する手法を提案する.提案手法では,有効視野及び周辺視野の視覚特性の違いに適応するため,各視野の特性を考慮した画像特徴を用い,視野ごとに専用の見落としやすさ推定器を構築する.そして,推定時には,視野中の歩行者の位置に応じて,有効視野,周辺視野に適応した推定器の重みを変えることによって,人間の視野特性により近い推定手法の実現を図る.評価実験の結果より,提案手法によって見落としやすさの推定誤差が減少することを確認した.