動的マスクを用いた多層空中像におけるオクルージョン表現

梶田 創  山本 紘暉  小泉 直也  苗村 健  
(FIT2015推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J99-D   No.11   pp.1102-1111
発行日: 2016/11/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 論文
専門分野: マルチメディア処理
キーワード: 
空中像,  多層ディスプレイ,  オクルージョン,  動的マスク,  複合現実感,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
空中像とは,映像装置の光が反射・屈折し,空中に結像された像のことであり,映像と実物体を融合させた情報提示が可能である.空中像を多層化する場合,典型的にはハーフミラーを用いるが,この方法では全ての層の映像が混色し,前後の遮蔽関係を表すオクルージョン表現ができないという問題がある.本論文では,任意の視点位置で前後層のオクルージョン表現を実現するために,前層の映像と光学共役の位置に動的マスクを配置して後層の映像を遮蔽する手法,OpaqueLusionを提案する.マスクの有無による前層の空中像の視認性の評価を行い,マスクされた空中像の方が高い視認性をもつことを示した.また,アプリケーションとして,透過制御可能な水平・垂直な空中像を表示できるシステム,Mid-air Plusを実装した.