高速移動体向けISDB-T受信用アダプティブアレーアンテナシステムにおける合成方法とアルゴリズム

田端 隆伸  藤元 美俊  安里 博一  和田 知久  堀 智  堀 俊和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.9   pp.724-732
発行日: 2016/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2016APP0002
論文種別: 特集論文 (無線システムの拡大を担うアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
地上デジタルTV放送(ISDB-T),  OFDM,  アダプティブアレーアンテナ,  指向性,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
日本の地上デジタルTV放送では,周波数利用効率が高く,マルチパスに強いなどの特徴があるOFDM伝送方式が採用されている.しかし,自動車などで遅延波の遅延時間がガードインターバルを超える電波環境の中を高速に移動する場合や,移動速度が極めて速い場合などに通信品質が劣化する.更に自動車用の受信システムでは,搭載スペースの問題により車両の前後に各2本(合計4本)のアンテナを搭載することが多く,ボデーなどの影響により車両前後での指向性が異なる.本論文では,上記のような通信品質が劣化すると考えられる電波環境下で,車載された4本のアンテナにて受信した場合のBER特性を,フェージングシミュレータを用いた室内実験にて実施した.現在の主流であるPost-FFT型に対し,Pre-FFT型と+Post-FFT型を組合せた2-Pre-FFT+2-Post-FFT型システムを提案し,BER特性が優れていることを明確にした.