見通し外車車間通信環境におけるレイトレーシングに基づく伝搬損失簡易計算式

菅江 一平  岩井 誠人  笹岡 秀一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.7   pp.515-524
発行日: 2016/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (若手研究者のための創造的論文特集)
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
ITS,  車車間通信,  伝搬損失,  簡易計算式,  レイトレーシング,  

本文: PDF(979.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
車車間通信を含む移動通信環境の伝搬解析では,高周波近似に基づくレイトレーシングが多用される.レイトレーシングは,現時点で,実用的なレベルで計算の現実性と計算精度のバランスが取れる唯一の現実的な伝搬解析手法である.しかし,例えば車車間通信システムのシミュレーション実施等の目的にて,より簡易な計算方法が必要とされる.本論文では,交差点越え車車間通信環境を対象として,レイトレーシング計算を簡易化することにより,三次元レイトレーシングと同等の伝搬損失を数式により計算可能な簡易計算式を提案する.本提案手法は,従来筆者等が提案していた二次元レイトレーシングに基づく伝搬損失簡易計算式をベースとし,大地反射波の考慮及び従来の計算式における簡易化に伴う条件を除外し,完全なレイトレーシングにより近い伝搬損失を計算可能とするものである.また,この提案手法により計算される伝搬損失をレイトレーシングによる結果と比較することにより,その計算精度を評価する.更に,ITU-R勧告モデルにて規定されているマイクロセル移動通信におけるストリートキャニオン環境用の伝搬損失計算式による計算結果とも比較する.