Finger Printによる位置推定における無線LAN端末個体差の校正法

小南 貴基  相河 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.2   pp.53-59
発行日: 2016/02/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (通信技術の未来を紡ぐ学生論文特集)
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
無線LAN,  受信信号強度,  自己位置推定,  Finger Print,  受信利得差,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
屋内環境における位置推定技術として,AP (無線LANアクセスポイント)のRSSI (受信信号強度)を用いたFinger Print方式に着目し,道案内システムの開発及び実証実験を行っている.この方式では事前測定によるDB (データベース)とUD (利用者の測定データ)の照合を行うが,DBとUDにおける測定端末の受信利得差によりRSSIに相違が生じ,推定誤差の要因となる.本研究では,DBとUDの測定端末が異なる際の推定精度を向上するため,UD測定端末において受信利得差を検出し校正する手法を提案し,実験によりその効果を評価したので報告する.