OCDMAにおけるMAIの持続性を考慮したBERの解析

寺尾 優史  細谷 剛  八嶋 弘幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J99-A   No.5   pp.185-193
発行日: 2016/05/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 論文
専門分野: スペクトル拡散技術
キーワード: 
光符号分割多元接続,  多元接続干渉,  光直交符号,  マルコフ連鎖モデル,  

本文: PDF(649.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,光符号分割多元接続(Optical Code Division Multiple Access: OCDMA)方式において,多元接続干渉(Multiple Access Interference: MAI)の影響が持続することを考慮したBERの解析を行う.OCDMAシステムにおいてMAIは他のユーザが与える干渉であるため,各ユーザの送信タイミングが変化するまで所望ユーザが受けるMAIの影響は持続する.特にパケット通信のような短時間で送信が終了する通信の場合,MAIの持続が各パケット内のBERに与える影響が大きい.そこで本論文では,所望ユーザに対する干渉ユーザ数をマルコフ連鎖モデルの各状態とおき,各送信時点ごとのMAIの影響を求めることで,MAIの持続性を考慮したBERを導出する.その結果,所望ユーザの送信開始時点の干渉ユーザ数によって送信区間内のBERは,従来求められていたBERと大きく異なる場合があることを示す.