ELECOAにおける教材オブジェクト・プラットホーム間インタフェースの設計と実装

森本 容介  仲林 清  芝崎 順司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.6   pp.1033-1046
発行日: 2015/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2014JDP7115
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
ELECOA,  教材オブジェクト,  eラーニングシステム,  eラーニングコンテンツ,  SCORM 2004,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
著者らは,eラーニングシステムの機能拡張性とコンテンツの相互運用性の両立を目指したアーキテクチャであるELECOAの提案を行っている.ELECOAでは,コンテンツは,「教材オブジェクト」と呼ばれるプログラム部品がもつ機能を利用して動作する.これまでに,教材オブジェクト間通信の枠組みを定め,教材オブジェクトによるELECOAの機能拡張性を実証した.教材オブジェクトがマルチプラットホームで動作すれば,教材オブジェクトを使って動作するコンテンツの相互運用性も実現される.そこで,本研究は,教材オブジェクトのプラットホーム独立性を実現することを目的とした.まず,教材オブジェクトとプラットホームの役割分担,及び通信の仕様を検討し,ELECOAにおける教材オブジェクト・プラットホーム間インタフェースを設計した.次に,ELECOAのPHPによる実装であるphp-elecoaにおいて,設計したインタフェースに準拠する2種類のeラーニングシステムを開発した.同一の教材オブジェクトが修正なしに異種のプラットホーム上で動作することを確認し,教材オブジェクトのプラットホーム独立性が実現できたことを実証した.