特徴点の一意決定性を利用した高速なアフィン不変文字認識

堀松 晃  岩村 雅一  黄瀬 浩一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.4   pp.651-660
発行日: 2015/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2014IUP0016
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
Geometric Hashing,  点配置の一意性,  アフィン不変量,  カメラベース文字認識,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
デジタルカメラやスマートフォンで情景中の文字を撮影すると,スキャナで撮像した場合とは違い,文字画像は様々に劣化する.そのため,情景中の文字を認識するためには,文字認識技術がこのような劣化に頑健であることが望ましい.本論文では,特に射影ひずみに注目して,射影ひずみに対する頑健性と高速性を備えた文字認識手法を提案する.提案手法は,文字が連結成分ごとに切り出された事を前提とし,アフィンひずみに不変な連結成分の照合を高速に実現する.このような照合には,特徴点の配置を利用した物体認識法であるGeometric Hashingの考えを利用することが考えられるが,単純に適用すると計算量が大きくなってしまう.そこで,生成する基底のパターンに制約を設けることで計算量を削減する方法を提案する.提案手法を用いた実験により,アフィンひずみを受けた文字が高速に認識できることを確認した.