音量軌跡の遷移型状態空間表現に基づくダイナミックスとアーティキュレーションへの分解

小泉 悠馬  伊藤 克亘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.3   pp.492-500
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 音楽情報処理
キーワード: 
ダイナミックス,  アーティキュレーション,  ディリクレ過程,  線形動的システム,  演奏表現,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
連続励起振動楽器の演奏音の音量変化を,音量記号などに起因するベースラインの大局的変化であるダイナミックスと,発想記号などに起因する局所的変化であるアーティキュレーションに分解する手法を提案する.ダイナミックスとアーティキュレーションの生成過程をそれぞれ和分プロセスと遷移型自己回帰モデルで表現し,遷移型線形動的システムを用いて音量軌跡を分解する.評価実験では,MIDIを用いて作成した人工データと,プロ奏者とアマチュア奏者の音量軌跡の分解実験を行った.人工データの分解実験では分解の標準絶対誤差が1.06dBであり,MIDIでのメゾピアノからメゾフォルテの音量差約4dBよりも小さい誤差で分解できることを確認した.また実演奏音の分解実験では,演奏技術による2要素のバリエーションやばらつきなどの演奏/習熟度解析が行えることが示唆された.