固有空間フィルタリング法による顔テクスチャ操作とベースメイクアップ製品開発への応用

五十嵐 崇訓  守口 順二  直木 隆明  瀬尾 昌孝  中尾 啓輔  陳 延偉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.3   pp.470-480
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: パターン認識
キーワード: 
ベースメイクアップ,  顔テクスチャ,  美顔化,  主成分分析,  固有空間,  

本文: PDF(1.8MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本報では,顔画像の「美顔化」を実現する顔テクスチャ操作法である「固有空間フィルタリング法」を提案し,そのベースメイクアップ製品開発への有用性を論ずる.本法の開発にあたり,まず,全ての顔画像を平均顔形状に正規化した形状正規化顔画像データベースを用意した.次に,これを学習データに用いて主成分分析を行い,ベースメイクアップが制御対象とする「顔のテクスチャ」に関する特徴を選択的に反映した固有空間を求めた.この固有空間では,特に固有値の比較的小さい基底関数が成す高次の部分固有空間で,ベースメイクアップがカバーの対象とする色むら・毛穴などの肌の欠点に関わるテクスチャが表される.この特性に着目して,高次基底関数の係数を操作し顔画像を再構成することで,肌の欠点に由来するテクスチャを抑制した顔画像を生成(美顔化)できることを確認した.また,提案法により生成した美顔化画像と評価対象の製品を塗布した化粧顔画像との差分画像から,ベースメイクアップのカバー効果のレベルを可視化できた.以上から,提案法がベースメイクアップ製品のカバー効果の評価に有用であることが示された.