大規模ネットワークに適したワイヤレスセンサネットワーク向け鍵共有方式の提案と評価

金子 良  金田 北洋  岩村 惠市  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.3   pp.418-427
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 情報ネットワーク
キーワード: 
ワイヤレスセンサネットワーク,  鍵管理方式,  鍵事前格納方式,  

本文: PDF(1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
ワイヤレスセンサネットワークを流れる情報にはプライバシー情報が含まれる場合が多い.そのため,データの暗号化が必要であり,暗号化に必要な鍵共有方法が重要である.従来,大規模メッシュ型ワイヤレスセンサネットワークに適した鍵共有方式として鍵事前格納方式が知られている.しかし,この方式では必ず隣り合ったノード間で鍵共有ができるとは限らず,どことも暗号通信できない孤立ノードができる可能性がある.また,ノードを盗難され解析されるほど鍵の危殆化確率が上昇する.そこで,本論文では,隣り合ったノード間で必ず鍵共有が可能で,攻撃者は全ての通信を傍受できないという仮定の下どんなにノードが盗難・解析されても鍵の危殆化確率が低下しない方式を提案し,その実用性をシミュレーションによって評価する.