OpenFlowを用いたプロセスオートメーションにおける動的なトラヒックに対する実時間通信制御方式

宮田 宏  並木 美太郎  佐藤 未来子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.3   pp.404-417
発行日: 2015/03/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 情報ネットワーク
キーワード: 
OpenFlow,  Software Defined Network,  実時間通信,  帯域制御,  プロセスオートメーション,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年プロセスオートメーションでは,施設間を接続するネットワークを導入し,無線端末を用いた操作や,中央制御室でビデオカメラを用いた遠隔監視を行う等新たなアプリケーションの導入がはじまっている.本論文では,プラント内ネットワークにおいて,無線端末に代表されるような動的にトラヒック量が変化するアプリケーションに対し実時間通信を保証する方式を提案する.プラントにおいては,リソースの制約をもつデバイスを含めさまざまなデバイスで利用できるよう,末端のデバイスに変更を加えないことが求められる.提案する方式は,帯域制御に加え,パケットの書き換え処理及び状態監視機能をもったOpenFlow機器を利用して,パケット伝達時間と,ネットワーク機器の送信Queueの監視を行うことで実時間通信を保証する.本研究では,試作・評価を行い,提案する方式が動的に変化するトラヒックに追随し実時間性を保証できることを確認した.