擬似力覚呈示による知識構築支援

柏原 昭博  塩田 剛  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J98-D   No.1   pp.104-116
発行日: 2015/01/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (多様化する学習・教育支援論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
擬似力覚,  知識マップ,  タブレットメディア,  視覚的違和感,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
学習教材から学んだ知識を視覚的な表現として表出させることは,教材からの知識構築を促進する上で有効である.特に,教材を提示するだけでは気づきにくい知識間の関連性に気づきを与えること(認知的示唆)ができ,かつ学んだ知識の定着にも効果的である.一方,教材のなかでも重要な知識や知識間の重要な関係,及び視覚的表現の作成誤りなどについては学習者自ら認知的示唆を得るのが困難な場合がある.本研究では,このような認知的示唆を与えるために,テキスト教材に内在する知識をノード,知識間の関係をリンクとする知識マップを作成させるプロセスに擬似的な力覚を導入することを検討している.本論文では,タブレットメディア上での知識マップ作成において,学習者によるタッチ操作に対して呈示可能な擬似力覚とその認知的示唆を対応づけたモデル,及びモデルに基づき擬似力覚の呈示を可能とするタブレットツールについて論じる.また,本ツールを用いたケーススタディについても述べる.調査の結果,モデル通りに擬似力覚及び認知的示唆を呈示でき,かつ擬似力覚を呈示した箇所に対応する知識の定着が促進される傾向があるとの知見が得られた.