DOA-Matrix法とSAGEアルゴリズムを併用した到来電波の到来方向と角度広がりの同時推定

奥野 将士  菊間 信良  平山 裕  榊原 久二男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J98-B   No.2   pp.162-171
発行日: 2015/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (通信技術の革新に挑戦する学生論文特集)
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
到来方向,  角度広がり,  DOA-Matrix法,  SAGEアルゴリズム,  アレーアンテナ,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
角度広がりのある到来波の到来方向及び角度広がり推定を行うために積分型モードベクトルが提案され,Capon法やMUSIC法などの探索型アルゴリズムに基づいた手法の検討が行われてきた.しかし,これらの手法は到来方向と角度広がりに関するスペクトラムの2次元ピークサーチを行うため,推定に要する計算負荷が問題となる.そこで本論文では,到来方向と角度広がり推定における計算負荷軽減のために,非探索型アルゴリズムであるDOA-Matrix法を用いた推定手法を提案する.更に,SAGEアルゴリズムを併用することによって,DOA-Matrix法における信号モデルの近似誤差を抑え,角度広がりの推定性能改善が可能であることを計算機シミュレーションにより示す.