環境照明下における特徴量に基づく輝度補間を用いたインタラクティブなシェーディングの編集システム

多田 宗広  土橋 宜典  山本 強  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J97-D   No.3   pp.676-686
発行日: 2014/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス
キーワード: 
環境マップ,  シェーディング,  ユーザインタフェース,  Radial Basis Function,  

本文: PDF(5.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
コンピュータグラフィックスにおいて,シェーディング技術は仮想物体の見え方を決定する重要な要素である.しかし,物理現象を正確にシミュレーションしたシェーディング計算はコストが高い.そこで,比較的低コストながら高品質な画像を生成する手法として,環境マッピングという技術が提案されている.しかし,必ずしも意図した結果が得られるとは限らない.そこで,これまで環境マップ自体に編集を施すことで目的の陰影効果を表現する手法が幾つか提案されている.しかし,これらの手法では局所的に陰影の編集を行うといった効果は実現できない.本論文では目的の位置に目的の輝度を直接指定することで,シェーディング結果を容易に編集することができるシステムを提案する.提案システムでは,ユーザが指定した輝度を補間することで輝度計算を行う.この補間には,ユーザが指定した点の特徴量を用いる.ユーザは補間に用いる特徴量を自由に選ぶことにより,シェーディング結果に対して直感的な編集を施すことができる.この際,特徴量として計算点の座標を用いることで,局所的な陰影の編集を可能とした.