馴致環境に対する視点の異化を促すワークショップのデザインと評価

白水 菜々重  松下 光範  花村 周寛  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J97-D   No.1   pp.3-16
発行日: 2014/01/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜価値ある生活環境構築のための情報技術〜論文特集)
専門分野: ヒューマンコミュニケーション基礎
キーワード: 
場のデザイン,  風景異化,  ワークショップ,  仕掛学,  フィールドマイニング,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本研究の目的は,通い慣れた場所や見慣れた風景に対する認識を異化し,新たな気づきを促すことによって,その環境に対する認識の深化や新たな発見を促す仕掛けを確立することである.その実践として,大学生を対象にキャンパスを「楽園」に見立てたガイドマップを作成させるワークショップをデザインした.ガイドマップを作成する過程にはフィールドワークや情報の収集が含まれており,これらを通じて知識が得られるような仕掛けが施されている.本論文では,学生らのキャンパスに対する意識や理解の変化について考察するために,ワークショップの事前と事後にキャンパスに対する印象を尋ねるアンケートとキャンパスの認知地図を描画させるテストを実施した.その結果,学生らのキャンパスに対する印象は改善されたが,一方で認知地図に変化は見られなかった.