エラスティック光アグリゲーションネットワークにおける論理OLTのマイグレーション手法

佐藤 丈博  樋口 雄紀  竹下 秀俊  岡本 聡  山中 直明  大木 英司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.7   pp.474-485
発行日: 2014/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
論文種別: 特集論文 (若手研究者のための未来開拓論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
光アグリゲーション,  光アクセスネットワーク,  ネットワーク仮想化,  省電力ネットワーク,  

本文: PDF(2.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
インターネットやモバイルネットワークにおけるトラヒック量は近年急激な増加を見せており,伝送容量拡大によるネットワーク機器の消費電力増大が問題となっている.そこで,複数のネットワークサービスを単一物理網上で提供し,トラヒック収容効率の向上及び省電力化を実現する次世代光メトロ・アクセス融合型ネットワーク「エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN)」が提案されている.EλANでは局側装置であるOLTがプログラマビリティをもち,論理OLTを異なる物理OLT間や局舎間で自由にマイグレーションすることが可能になる.本論文では,EλANの省電力化を目的とした論理OLTのマイグレーション手法を提案する.具体的には,稼働する物理OLT数が最小となる論理OLTの配置,及びその配置に至るマイグレーション手順を得ることを目的とした最適化問題を線形計画問題としてモデル化し,物理OLTのスリープ率及びマイグレーションの実行回数について性能評価を行った結果を述べる.また,EλANのプロトタイプシステム上で行った論理OLTのマイグレーションの基本動作の確認について報告する.