省電力ネットワークMiDORiにおけるPoint to Multi-point対応ルーチング高速計算手法

平尾 明子  竹下 秀俊  岡本 聡  大木 英司  山中 直明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J97-B   No.2   pp.99-109
発行日: 2014/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の革新を担う学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
省電力ネットワーク,  ルーチング,  MP2MP,  P2MP,  マルチキャスト,  GMPLS,  

本文: PDF(1.8MB)
>>論文を購入


あらまし: 
ネットワークのトラヒック量の増大に伴い,ネットワークの消費電力量が急増し,消費電力の削減が急務となっている.また,ネットワークのリソースを有効に活用するために多対多接続サービス実現への要求が増加している.本論文では,ネットワーク中のトラヒックを特定リンクに集約することで,空となった未使用リンクをスリープ状態にし,ネットワーク全体の消費電力を削減するMiDORiネットワーク技術における多対多対応ルーチング手法としてSuperPosed Minimum Spanning Tree (SPMST)アルゴリズムを提案する.提案アルゴリズムは,多対多接続MiDORiネットワークにおける要求条件である,高い省電力性実現,20秒以内での100ノード以上かつ,1000マルチキャストグループ以上対応の計算実行を満たす.計算機シミュレーションにより,提案するアルゴリズムの省電力性・計算時間・マルチキャストグループ収容数の有効性を示すとともに,MiDORiネットワークのプロトタイプシステムにおける提案アルゴリズムの有効性を検証した.