表面筋電信号を用いた筋骨格モデルによる本人認証

塚本 昌克  金親 拓哉  真野 航  神原 裕行  吉村 奈津江  小池 康晴  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J97-A   No.11   pp.672-682
発行日: 2014/11/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
筋電位,  筋骨格モデル,  本人認証,  生体認証,  

本文: PDF(1.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
情報端末の発達に伴い,これら端末へのセキュリティ強化手段の一つとして,指紋認証などに代表させる生体認証の研究が進められている.高い認証精度を求める場合は,指紋などに代表される身体的特徴が有利であるが,取替え不可能な情報であり,なりすましに対するリスクが大きい.本論文では,定められたタスクによる行動的特徴と合わせて表面筋電信号を取得し,身体的特徴である筋骨格モデルを同定することで,モデル同定に利用した二つの特徴量を取得しないと認証ができない,行動的特徴を介して身体に内包される身体的特徴を利用する本人認証手法を提案する.表面筋電信号の計測パターンと,表面的に計測できる動作との関係は,筋骨格系を通した入出力関係になっており,筋骨格モデルに対する表面筋電信号の入力が本人であれば,推定誤差が少なく,他人であれば,推定誤差が大きくなると考えられる.同じ行動的特徴を取得しているにもかかわらず,EER 10.4%の認証性能を示しており,筋骨格モデルという身体に内包された情報を用いることで,データ漏えいにロバストな手法で生体認証を行えることを示した.