プロジェクタカメラ系による印刷媒体での新たな立体提示

天野 敏之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.8   pp.1865-1873
発行日: 2013/08/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: インタラクション・VR・ロボット
キーワード: 
印刷媒体,  立体知覚,  法線マップ画像,  見かけの制御,  

本文: PDF(4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文は,プロジェクタカメラ系を用いた印刷媒体での新たな立体提示手法を提案する.提案手法は,符号化印刷と見かけの制御の二つのコア技術より構成される.符号化印刷ではHSV色空間にで定義される法線マップ画像により形状を色彩で表現し,3Dコンテンツの立体情報をカラー印刷によって印刷媒体へ埋め込む.また,プロジェクタカメラ系は印刷媒体のキャプチャ画像から印刷媒体に埋め込まれた立体情報を復元する.その後,3Dコンテンツに応じた陰影アニメーションを見かけの制御により印刷媒体上に提示し,ユーザに立体知覚を促す.ユーザスタディによる提案手法の評価では,提案手法による陰影アニメーションは静止した陰影提示よりも1%有意水準において立体提示手法とし有意であることが確認された.